もう有料noteで消耗しているの?狙い目はそこじゃない!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

noteがかなり盛り上がってきた

はあちゅうさん、イケダハヤトさん、梅木さん、さらには堀江貴文さんまでnote(https://note.mu/)に登場し、多くのインフルエンサーを引き寄せたnoteが今、かなり盛り上がっています。

noteは、ネット上で活躍するクリエイターやライター、ブロガーたちが、しっかりマネタイズできる仕組みをもたらしてくれました。写真や絵を販売することも、音楽を作って販売することも、日々マンガや小説を書いて販売することもできます。非常に素晴らしいプラットフォームです。

サービス自体は2年ほど前からありましたが、ここ数ヶ月の盛り上がりはすごいです。先に紹介した強い影響力を持つインフルエンサーたちが一気に乗り込み、note上に多くのユーザーを集めています。


無料ブログから有料化の流れ

はあちゅうさん → http://lineblog.me/ha_chu/

イケダハヤトさん → http://www.ikedahayato.com/

梅木雄平さん → http://thestartup.jp/

彼らは長年、豊富で質の高いコンテンツを「無料ブログ・メディア」で提供してきました。しかし最近は、有料noteの仕組みを利用してコンテンツを有料化し始めています。それにしたがって、無料で書いていたブログの内容が段々変わってきており、最近は有料noteへの誘導がメインになっています。


コンテンツの有料化は当然の流れ

私は有料化への流れを全く悪いことだとは思いませんし、むしろ当然だと思っています。インターネットが普及して、あらゆるモノがあまりにも無料に近づきすぎました。ネット上では、無料で得られる情報が豊富過ぎるくらい多いです。

本や雑誌などの紙媒体は当然無料で読めませんよね?ネット上のコンテンツの質は紙媒体に対して絶対的に劣っていますか?決してそんなことはないと思います。

コンテンツ提供者はGoogle Adsenseを始めとした、ネット広告からの収入に頼りすぎていたように思います。質の高いネット上のコンテンツが有料化していくのは当然の流れだと思いますし、これによってネットの世界はさらに面白くなると思います。

堀江貴文さんはそれにいち早く気付き、何年も前から有料メルマガを始めていましたし、有料noteは「まあ一応やっておくか」という程度でしょう。


しかしこの流れに乗っていいのはインフルエンサーのみ!

インフルエンサーたちが有料noteに移行し、さらに売り上げを公開し始めたことから、それに影響を受けたブロガーやライターさんたちが次々と有料noteを出し始めています。

しかしその中でちゃんと収益化できている人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか? 誰にも読まれなくて悲しい思いをしていませんか?

私は、ほとんどの人はまだ、コンテンツを無料で公開すべきだと考えています。


インフルエンサーたちがコンテンツを有料化したということは…

先に紹介したようなインフルエンサーたちがコンテンツを有料化したということは、「ネット上で無料で読める面白いコンテンツが減った」ということにもなります。

インフルエンサーたちの本当のファンは有料コンテンツにもしっかり課金しているでしょうけど、読者の中には「無料だから読んでいた」という人はかなり多かったんじゃないかと思います。


有料化の流れだからこそ、狙い目は無料コンテンツ!

その「無料だから読んでいた」層はいま、無料で読める面白いコンテンツを「新たに」探しているに違いないでしょう。

ということは、「新たな人気ブロガー・人気メディアが生まれるチャンスができた」とも考えられます。

長い間無料コンテンツを提供し続け人気を集めてきたインフルエンサーたちが、マネタイズ手段を得たのはとても良い事です。同時にそれは、無料コンテンツ界では新たなチャンスが生まれたことを意味するんじゃないでしょうか。


有料noteで苦戦している人は一度、無料化を検討すべき

現在たくさん出ている有料noteの中には、とても面白い・質の良い・皆に読まれるべきコンテンツが、あまり多くの人に読まれずに埋もれてしまっている気がしてしまうのです。

そういうコンテンツを作れる才能のある方々がマネタイズを焦るあまり、失敗してコンテンツ制作を止めてしまうのは非常に残念です。

マネタイズに関しては、無料コンテンツでコツコツとファンを増やしたあとでも遅くないと思います。その時期にはまた、よりよいプラットフォームが出来上がっているかもしれませんし。

今のインフルエンサーたちも、何年も何年もかけて今の地位を築いていますからね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn