3/17 ニュースまとめ & 「テスラ モデル3」は日本車にとって脅威となる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

シルエットはモデルSっぽくてかっこいい!/ テスラの新型EV、「モデル3」…シルエットが見えた http://response.jp/article/2016/03/17/271756.html#Gunosy

面白いけど実用的かは微妙(笑) 結局自分で締め直したくなりそう(笑) / ナイキ、自動で靴ひも結ぶシューズ発表 他にも革新的製品ずらり
http://npx.me/uoK7/IXdq

2万個ってそんなに多くないよね。地球表面に人間が2万人しかいなかったらめっちゃまばらじゃん?それより広い周回軌道に2万個デブリがあってもほぼ無いようなもんだよね。 / 産業革新機構の本領?宇宙のデブリを…
http://npx.me/bitE/IXdq

翻訳はまだまだ難しいだろうね。言葉の微妙なニュアンスって難しいよ。 / ディープラーニングによって賢くなるGoogle製品ーーGoogle翻訳もより正確になるか
http://npx.me/uU2U/IXdq

2018年って結構近いぜ。 / 「2018年宇宙の旅」を目指すブルーオリジン、その秘密の工場が公開される
http://npx.me/oPJZ/IXdq

PS4上で動作するのは強みだよなぁ。 / ソニー「プレステVR」、ライバルより遅れて発売も勝算十分 価格だけではない強みとは?
http://npx.me/EE1T/IXdq

国民負担率60%で実現可能。しかしベーシックインカムは日本なら10万円くらいは欲しい気もするな。 / 【波頭亮】何故ベーシックインカムが実現しないのか、その課題と障害
http://npx.me/5H0g/IXdq

箱のサイズがある程度統一されているからAmazonにとってはむしろコスト削減になっている。 / <Amazonは配送料で破綻する?>膨大な過剰包装とサービスの低下の危険性 – mediagong(メディ…
http://npx.me/Ukxk/IXdq

今週は特に質問への回答が丁寧だと感じた。多忙だろうにすごい。/ ゆるキャラ「ホリエモン」を本気で検討!?|3/14配信『堀江貴文のブログでは言えない話』無料ダイジェスト | ホリエモンドットコムブログ http://weblog.horiemon.com/100blog/37814/#PfhXLhQ.twitter_responsive

最後とても良い写真。/ 完成、サブオービタル飛行可能なロケット用エンジン―ロケット開発の現場より(133) http://www.huffingtonpost.jp/takafumi-horie/horie-rocket_b_9482498.html

バイクやバイクパーツは結構ネットで取引されてる印象があるからいいかも!/ 女性特化フリマアプリ「Fril」のFablic、バイク特化新フリマアプリ「RIDE」をリリース https://gunosy.com/articles/axLfw

これはうまそうだ…。/ 渋谷の隠れ家で際限なく美味しい焼き鳥を!! http://teriyaki.me/sp/ambassador_column/AC573


「テスラ モデル3」は日本車にとって脅威となる

テスラモーターズは3月末に「テスラ モデル3」を販売予定だ。テスラのこれまでのモデルは、スポーツカーの「ロードスター」、セダンタイプの「モデルS」、クロスオーバーSUVタイプの「モデルX」となっており、4作目の「モデル3」はセダンタイプの廉価版となるようだ。

これまでの3タイプは、EVと言えども高級車の部類に入る価格帯だった。ロードスターはおよそ1200万円、モデルSはおよそ900万円、モデルXはおよそ1600万円。一般人が手にするには少し高額だ。

しかし、まだ詳細は未定だが、今回発売するモデル3は300万円〜400万円くらいになるそうだ。安くて高性能なハイブリッド車として人気のトヨタ「プリウス」は250万円〜300万円くらいの価格帯である。日産のEV「リーフ」も300 〜 400万円くらいである。モデル3はテスラ製EVでついにプリウスやリーフ並みの価格になってしまうのだ。もちろん、一般人にも手が届く価格帯である。しかもテスラはソフトウェアもどんどんアップデートして、自動運転機能などを盛り込んできている。これはモデル3にも当然のように対応させてくるだろうし、付加価値として大きな強みとなる。

これはトヨタや日産にとってかなりの脅威である。テスラのEVはデザインにかなり力を入れており、見た目も非常にかっこいい。乗り心地も追求され、加速性にも優れている。テスラ モデル3もモデルSのようなクールなクルマになるのは間違いないだろう。それがプリウスやリーフと同じ価格帯に投入されてしまうのだ。

ここで何か手を打たなければ、プリウスやリーフの世界的シェアはモデル3に奪われてしまうだろう。「86やGT-RのようなクールなEVを300万円の価格帯で出す」くらいのインパクトが必要だ。トヨタや日産にとってはこれくらい厳しい状況だと思うのである。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn