4/5 ニュースまとめ & 流星観測装置「メテオ」の役割

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

なるほど、流星に含まれる成分から小惑星にメタンが含まれているとか何の金属が含まれているとかが分かるんだね。/ 「アトラスV」ロケット、失敗と紙一重の打ち上げ成功 – 機体の異常を挽回 http://news.mynavi.jp/articles/2016/04/05/atlasv/

今年10月にはスキアパレッリが火星に着陸する。上手くいくといいな。/ 宇宙開発秘録 – 夢敗れたロケットや衛星たち (3) 火星探検へ旅立ったダーウィン – 英国の火星探査機「ビーグル2」 http://news.mynavi.jp/series/spacetechnology/003/

地球に似た環境があるかもしれない。 / 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先
http://npx.me/VRPR/IXdq

結構予約入ってるだねぇ。/ 大注目のVR「Oculus Rift」 出荷早々にトラブルで遅れ – LINE NEWS http://news.line.me/issue/digital/0b3a32efb7be

そうなんだよね。こういう感想になっちゃうんだよね。/ 「iPhone SE」レビュー。アップルはアイディアが枯れてしまった : ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp/2016/04/iphone_se_1.html

Facebook Messengerが強敵すぎるね。 / Google、新しいメッセージングアプリ「Spaces」をテスト中か(CIOニュース)
http://npx.me/dLht/IXdq

場所が抜群にいいもんな。 / 東京五輪:神宮野球場の利用検討
http://npx.me/u01f/IXdq

ネット高校のN高でも入学式は会場に集めるですね。VR入学式斬新(笑) / ネットの高校「N高等学校」入学式もVRヘッドセット装着で未来すぎ
http://npx.me/H58b/IXdq


流星観測装置「メテオ」の役割

3/23に打ち上げられた「アトラスV」ロケットには千葉工業大学が開発した流星観測装置「メテオ」が搭載されている。国際宇宙ステーションまで運ばれ、そこからおよそ2年間、流星の長期連続観測を行うようだ。

流星とは、小惑星などから発生した塵くず群が地球の大気圏に突入することで、塵屑が燃えて発光する現象である。地球上からも流星を観測することはできるが、天候や大気の影響を大きく受けるという問題がある。宇宙空間から観測できれば、そのような問題を解決できるというわけだ。

メテオには高感度CMOSハイビジョンカメラが搭載されており、塵くず群の大きさを観測でき、またレンズの前に回折格子を付けることで分光観測も行える。流星から発せられる光を分光し、どの波長成分が含まれているかが分かれば、その塵くず群に含まれる元素をある程度特定できる。つまり、その塵くずを放出した小惑星の成分を調べることができるというわけだ。小惑星を直接探査するのはそう簡単ではないので、このような観測は非常に重要なのである。

小惑星には、炭素が多く含まれているものやケイ素が多く含まれているもの、金属が多く含まれているものなどがあり、小惑星はとても個性豊かである。地球にはそれほど多く存在しない元素がたくさん含まれている小惑星がある可能性もあるのだ。

また、小惑星は太陽系が誕生する過程で誕生したものも多く存在すると考えられており、小惑星の成分分析は太陽系の歴史を解き明かすことにも繋がる。とにかく、この「メテオ」が果たすべき役割は数多く存在するのだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn