4/27 ニュースまとめ & 任天堂の次なるアプリは「どうぶつの森」と「ファイアーエンブレム」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

お、やっぱりどうぶつの森がアプリ化されるのか!楽しみだ。 / 任天堂:今期純利益予想は350億円-来春に次世代ゲーム機投入へ
http://npx.me/Ydh5/IXdq

ベイマックス興味あるなぁ。 / 東京ディズニーランド&シーの新開発計画 – ベイマックスのアトラクションも
http://npx.me/Hfaw/IXdq

これはいいと思う。 / YouTube、5月より約6秒間の『バンパー広告』を開始。印象を与え、あっという間に終わる「広告の俳句」
http://npx.me/QBHg/IXdq

これはその通りだと思う。マネして自分で書いて、少し改良してみて、というのの繰り返しだと思う。 / 誰もが知ってるけど敢えて言わない確実に身につくプログラミング学習法 – WirelessWire N…
http://npx.me/KENS/IXdq

精度によってはかなり使えるよね。 / 金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変える
http://npx.me/u6es/IXdq

嬉しいね。 / なぜ僕は沖縄にサッカーチームを立ち上げたのか
http://npx.me/107PE/IXdq


任天堂の次なるアプリは「どうぶつの森」と「ファイアーエンブレム」

任天堂はDeNAと協力してスマホアプリを開発していることは知られていた。スマホ向けにも任天堂の人気ゲームタイトルが投入されていくのをとても楽しみにしていた。

最初に発表されたのは「ミートモ」。自分そっくりのアバターを使って、質問形式で友達とコミュニケーションを取るSNSアプリだ。正直、人気タイトルからの発表ではなくてがっかりした。やっぱり任天堂のアプリなら、マリオやポケモンなどのビックタイトルをやりたい!と誰もが思うはずだ。

そこで今回発表されたのは「どうぶつの森」と「ファイアーエンブレム」のスマホアプリを今秋に配信するということだ。この2作は、3DSソフトでも売上が好調のようで、マリオやポケモンのようなビックタイトルより先にそういうところから試したいのだろう。

【速報】任天堂がスマホアプリ『どうぶつの森』と『ファイアーエムブレム』の開発を発表!! 配信予定は2016年秋

私は64やゲームキューブの頃からどうぶつの森のファンであり、スマホアプリが出ることをずっと期待していた。なぜなら、どうぶつの森のように複雑な操作が必要なく、簡単にのんびりできるゲームはスマホにとても向いていると考えていたからだ。

格闘ゲームなどは、やはり操作が複雑でスピード感が重要であるため、タッチパネルでの操作では面白さにかけるだろう。だから「ファイアーエンブレム」のようなRPGゲームもスマホ向きだと思う。

任天堂がスマホアプリに対してそこそこ本気なのが伝わったので、これからが非常に楽しみである。ただ、任天堂としてはハードウェアも売りたいだろうからここに全力を注ぐことはないだろうなぁ。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn