That’ll Be The Day – Buddy Holly (バディ・ホリー)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

Spotifyの埋め込み機能を使っておすすめ曲をピックアップしていこうと思います。今日はバディ・ホリーの「That’ll Be The Day」。

まずバディ・ホリーは、ロカビリーの歴史では絶対に外せない存在であり、ロック史全体としても「バンドスタイルで活躍した最初のアーティスト」という意味で知っておくべきアーティストですね。ちなみにバンド名はThe Cricketsといいます。あの世界一のロックバンド・The Beatlesのメンバーは、バディ・ホリー&ザ・クリケッツを崇拝しており、The Cricketsと同じように2つの意味を持ったバンド名にしたという逸話もあります。

そんな彼(彼ら)のデビュー曲がThat’ll Be The Dayです。印象的なイントロと独特な歌声がかなり癖になる曲です。ボーカルがリードギターを弾くスタイルもこの時代ではかなり珍しいのですが、エレキギターが登場したばかりの時代にバンドスタイルでリードギター&ボーカルをやるという様々なポイントで、バディ・ホリーはロック史を代表する革新者なのです。

そんな彼は22歳のときに飛行機事故で亡くなってしまいました。バディ・ホリーがあと5年生きていればロック史は大きく変わっていただろうなぁと思います…。

↓ギターの価格を調べる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn