喫煙に関連した調節性RNAは肺気腫を促進する

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

喫煙によって発現量が増えたmiR-22というRNAによって、ある酵素(肺の炎症を抑制する役割をもつ)の発現が抑制されてしまう。miR-22の発現量をコントロールできるようになれば、喫煙してても肺気腫は防げるようになるんだな。

http://www.natureasia.com/ja-jp/ni/pr-highlights/10250

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です