ジャンパー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

人類の一部にテレポートという特殊能力を持つ人種「ジャンパー」がおり、主人公はその一人。その一方で、「結局ジャンパーの能力は悪の道に使われる。神のみぞ持つべき能力だ」としてジャンパー撲滅を狙うパラディンという組織。

主人公も実際に、ジャンパーの能力に目覚めた直後、その能力を活かして銀行強盗の罪を犯している。

ジャンパーとパラディン、果たしてどちらが正義なのか…。生き残るのはどちらなのか…。

という、SF好きな俺はワクワクする設定。

ただし、見終わった感想は

「何も解決してないじゃないか!!」

です…。以上。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn