2/2 ニュースまとめ & グーグルの時価総額がアップルを抜き世界一に

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn

抜きましたか。 / 米アルファベット、時価総額が米企業で最大 アップル追い抜く
http://npx.me/Qog6/IXdq

共感できる。 / 音楽をやっている人が成功しやすい7つの理由
http://npx.me/8izZ/IXdq

面白い仕組みだよなぁ / Bitcoin(ビットコイン)を究極に分かりやすく解説する【インフォグラフィック】
http://npx.me/U9OM/IXdq

太陽光で飛び続けるなんて素敵すぎる。 / Googleが太陽光で自動飛行し続けるドローンを基地局にして5G通信を実現する秘密計画「Project SkyBender」
http://npx.me/4z6d/IXdq

すげぇ。 / 米アルファベット、予想上回る増収増益 モバイル広告など好調
http://npx.me/5TJb/IXdq

売却することになるのかなー。 / ツイッター株が急騰-シルバー・レークが取引検討と一部報道
http://npx.me/fomN/IXdq

マットグレーがかっこいい!/ ヤマハ発動機、「ドラッグスター」シリーズ 2016年モデルを発売!誕生20年を記念した新色とゴールドのロゴ – Autoblog Japan http://jp.autoblog.com/2016/02/02/yamaha-dragstar-2016/

前から言ってる。 / 若者のテレビ離れは「途中から始まるから」回答が話題に – LINE NEWS http://news.line.me/issue/internets/18ba49c32d1f?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none

これ誰かやってみて!結婚式とか!/ Facebookで「ライブ動画」の配信が可能に – LINE NEWS http://news.line.me/issue/digital/d2869db9c146?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none

それを舞台にアナザーストーリー作ってほしい(笑) / 日本にも「ハリポタ」魔法学校があった!原作者が詳細明かす – LINE NEWS http://news.line.me/issue/culture/ad7615cbf0ff?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none

これだけ人を集められたら収益はどうにでも確保できそうだけどね。 / WhatsApp、10億ユーザー達成も収益面の課題は続く https://gunosy.com/articles/aenog

モバイルシフトの覇者だね。 / フェイスブックが放った逆転ホームラン IPOから4年間の歴史
http://npx.me/YLQG/IXdq

お、良さそうだな。 / KDDI、スワイプで誤入力を自動補正する「Fleksy」のiOSアプリを公開
http://npx.me/15nlF/IXdq


 

グーグルの時価総額がアップルを抜き世界一に

グーグルの親会社であるアルファベットの時価総額がアップルの時価総額を抜き、アルファベットは世界一の上場企業となりました。時価総額はなんと5540億ドル!日本円で約66兆円!

モバイル広告が好調らしく、スマホが一気に普及した世の中の流れの中で、モバイルシフトにうまく対応できたということですね。

一方アップルはiPhoneを始めとしたデバイスの販売が伸び悩んでおり、株価も失速気味。クリエイティブの天才ジョブズが亡くなった後、次なる革新に頭を悩ませているといったところですかね。

これまでのITテック企業のトップはIBM、マイクロソフト、アップルときて、ここでアルファベットが飛び出してきた。時代の流れを感じますねぇ。

私は次に来るのはフェイスブックだとみています。リーダーであるマーク・ザッカーバーグはまだまだ若く、打つ手が的確。グーグル同様、モバイルシフトにうまく対応し、モバイル広告収入はかなり高い。スマホアプリではMessengerを独立させFacebookアプリ本体の軽量化を図ったり、WhatsAppやInstagramの買収もかなりのユーザーを集めて大成功、これからくるVRブームに向けてオキュラスを買収。どれをとっても素晴らしい。

フェイスブックにはかなり期待していますが、さらにその先にトップに君臨する企業がどこになるのか、とても楽しみですね。まだ存在しない企業の可能性も十分にありますからね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedIn